Wilier(ウィリエール)の軽量オールラウンドバイクZEROシリーズが統合され、ケーブルフル内蔵やディスクブレーキに対応したZERO SLR / SL(ゼロSLR / SL)。今回はフラッグシップのSLRのテクノロジーを踏襲した普及価格帯のZERO SLと、一体型のカーボンハンドルALANERA(アラネラ)のコンビネーションで組みあがった実例をご紹介いたします。ご紹介のバイクは弊社が提供しております、DCRアッセンブルモニターに応募いただいたバイクです。
DCRアッセンブルモニター協力店:サイクルミノル

内部パーツはフレーム純正品をそのまま利用。

ZERO SLのコックピットをALANERA DCRで組み上げる際、ヘッドコラム内部の各パーツはZERO SL純正パーツをご利用ください。
ZERO SLのコンプレッションリングには進行方向側にすべてのケーブルを通す穴があります。
エレクトロニックケーブルと油圧ブレーキホースを、次にご説明する専用トップカバーや、必要な場合はハンドル付属のスペーサーあらかじめ通してから作業を進めてください。

ZERO SLでは、専用トップカバーを使用することで完璧にフィット。

ZERO SLのヘッドチューブ径にぴったりフィットする専用トップカバー(※別売り)は、ALANERA DCRとZERO SLを完全に一体化させます。
多くのサイクリストに愛される万能モデルのエアロダイナミクスや扱いやすさを損なうことなくケーブルフル内蔵を実現するALANERA DCR。さらに操作性に優れる独自のRHMシェイプは、あなただけの拘りのバイクを完成させる唯一無二のコックピットになるでしょう。