世界最大級のサイクルロードレース「Tour de France」において連覇を果たしたタデイ・ポガチャルが駆る「COLNAGO V3RS(コルナゴ V3RS)× ALANERA DCR(アラネラ DCR)」は究極の組み合わせの1つで、クライミングだけでなく、様々な場面で突出した力を見せた若き王者の要望に応えるプロスペックな1台の組み付け実例をご紹介です。こちらでご紹介のバイクは弊社が提供しております、DCRアッセンブルモニターに応募いただいたバイクです。
DCRアッセンブルモニター協力店:SAMZ CYCLE WORKS

内部パーツは純正品をそのまま利用。

V3RS DISCのコックピットをALANERA DCRで組み上げる際、ヘッドコラム内部の各パーツはCOLNAGO純正パーツをそのままご利用ください。
V3RS DISCではDシェイプフォークが採用されており、その隙間をケーブルが通る構造です。エレクトロニックケーブルと油圧ブレーキホースを、次にご説明する専用トップカバーにあらかじめ通してから作業してください。

V3RSでは、専用トップカバーを使用することで完璧にフィット。

V3RSのヘッドチューブ径にぴったりフィットする専用トップカバー(※別売り)は、ALANERA DCRとV3RS DISCを完全に一体化させます。
トッププロが最も過酷なレースで使用するフラッグシップバイクに、エアロダイナミクス、剛性、軽量性を損なうことなくケーブルフル内蔵を実現するALANERA DCR。さらに操作性に優れる独自のRHMシェイプは、あなた好みのバイクを完成させる最高のコックピットになるでしょう。