ラグ構造が異彩を放つ、COLNAGOを象徴するモデルC64 DISCのコックピットを一体型カーボンハンドルALANERA DCR(アラネラ DCR)を使用し組み上げた実例のご紹介です。こちらでご紹介のバイクは弊社が提供しております、DCRアッセンブルモニターに応募いただいたバイクです。
DCRアッセンブルモニター協力店:KONSIN

内部パーツは純正品をそのまま利用。

C64 DISCのコックピットをALANERA DCRで組み上げる際、ヘッドコラム内部の各パーツはCOLNAGO純正パーツをそのままご利用ください。
C64 DISCではDシェイプフォークが採用されており、その隙間をケーブルが通る構造です。エレクトロニックケーブルと油圧ブレーキホースを、次にご説明する専用トップカバーにあらかじめ通してから作業してください。

専用トップカバーで隙間ゼロ。

太く丸いヘッドチューブ径にぴったりフィットする専用トップカバー(※別売り)は、ALANERA DCRとC64 DISCを完全に一体化させます。
スペースに比較的余裕のあるDシェイプフォークは、様々なグループセットをアッセンブル可能で、ハンドリングを犠牲にしないワイヤールーティングを実現します。
コンサバティブな構造ながら、迫力あるC64のルックスと完璧なマッチングを見せるマッシブなALANERA DCR。エアロダイナミクス、剛性、軽量性を兼ね備え、さらに操作性に優れる独自のRHMシェイプのALANERA DCRは、あなた好みのバイクを完成させる最高のコックピットになるでしょう。