熱狂的なファンを持つBianchiの軽量オールラウンドモデルSpecialissima DISC(スペシャリッシマ DISC)のコックピットを、一体型カーボンハンドルALANERA DCR(アラネラ DCR)で組み上げ実例のご紹介です。こちらでご紹介のバイクは弊社が提供しております、DCRアッセンブルモニターに応募いただいたバイクです。
DCRアッセンブルモニター協力店:Bicicletta SHIDO

コンプレッションリングは純正をそのまま利用。

Specialissima DISCのコックピットをALANERA DCRで組み上げる際、コンプレッションリング(※画像のC型金属パーツ)はBianchi純正のパーツをそのままご利用ください。
コンプレッションリングの割が入った箇所はケーブルが通りますので進行方向側に設置。エレクトロニックケーブルと油圧ブレーキホースを、次にご説明する専用トップカバーにあらかじめ通してから作業してください。

専用トップカバーで純正部品のように美しい仕上げ。

ALANERA DCRとSpecialissima DISCとの間に段差や隙間を生まず、ハンドリングを犠牲にしないワイヤールーティングを実現する専用トップカバー(※別売り)を開発。
すっきりとした外観を獲得するだけでなく、エアロダイナミクス向上にも一役買う流線形のトップカバーは、ケーブルルーティングを最適化し純正部品と見紛うばかりの仕上げで、トラディショナルなロードバイクスタイルのSpecialissimaにも抜群のフィットを見せます。