ALL WEATHER
PERFORMANCE
P ZERO™ RACE 4S



ファン待望のオールラウンダーがP ZERO™ RACEシリーズで進化しカムバック。
世界的タイヤ製造メーカー「PIRELLI(ピレリ)」。2017年に満を持してサイクルロードレースシーンにカムバックを果たすと、2018年にMitchelton-SCOTT cycling team(現 Team BikeExchange)とのパートナーシップ締結を皮切りに、現在までに複数のUCIワールドチームとの長期的な技術提携およびパートナーシップを締結。世界最高峰の舞台でそのポテンシャルの高さを証明し続け、あらゆるサイクリストにスピードとグリップを提供してきました。今回新たにラインナップに追加される「P ZERO™ RACE 4S(P ゼロレース 4S)」は、P ZERO™ VELO 4Sが備えていた、コンディションを問わず発揮する強力なグリップと耐パンク性、走行距離、快適性を継承し、さらにP ZERO™ RACEに迫る低転がり抵抗を兼ね備えた、オールラウンドパフォーマンスモデルです。




すべてのコンディションでレーシングパフォーマンスを発揮。
P ZERO™ RACE 4Sは、PIRELLI初の4シーズンタイヤとして多くのサイクリストに愛されたP ZERO™ VELO 4Sの次世代モデルです。旧モデルの特性をさらに強化し、オールシーズンレーシングタイヤとしての性能を備えています。雨天や凍えそうな気温など、あらゆる厳しい環境下で安定したグリップ性能を発揮し、プロサイクリストをも魅了するレーシングフィールを発揮します。
PIRELLIのロードバイク専用配合の最新進化形コンパウンドであるSmartEVO compound(スマートエボコンパウンド)と、120tpiのカーカスとナイロンブレーカーからなるチューブタイプケーシングTechBELT Road(テックベルトロード)のコンビネーションにより、優れた走行性能と全天候型性能を兼ね備えます。特別な深いサイプ(溝)と、若干厚みを増したトレッドが組み合わされ、寒い天候でのグリップ向上、走行距離の増加、耐パンク性の向上を果たしました。また、P ZERO™ RACE 4Sは、イタリアのPIRELLI新工場で製造され、独自の厳しい品質管理により優れた性能を実現します。



TECHNOLOGY

SMARTEVO COMPOUND(スマートエボコンパウンド)
3種類のポリマーを独自の配合でブレンドし、それぞれが特性を発揮することで、グリップ力や低転がり抵抗などの相反する特性を最適なバランスで保つことに成功。PIRELLIはモータースポーツにおける100年以上のコンパウンド開発で培われた専門知識を活用し、膨大な研究開発のデータと知識により、「SmartEVO Compound」の優れた特性を持つポリマーブレンドを開発し、ドライ・ウェット共にグリップ力を向上させつつ、転がり抵抗を低減したコンパウンドを生み出しました。

TECHBELT ROAD(テックベルトロード)
強固で分厚いアンチパンクベルトを追加すれば耐パンク性は向上しますが、走行性能や乗り心地はどうなるでしょう?
P ZERO™ RACE 4Sにはさまざまな条件下でも優れたプロテクション性を発揮する、耐切断性の高いファブリックレイヤーを広い範囲で搭載しながらも、ケーシング構造を新たに設計し直すことで、優れた耐パンク性と快適性、軽量性を高いレベルで両立しました。PIRELLIではロードバイク専用の、その包括的な超高性能ケーシング構造を「TechBELT Road」と名付けました。

P ZERO™ RACE 4S(Pゼロ レース 4S)
サイズ(重量):26-622(240g)、28-622(260g)
ケーシング:120tpi
コンパウンド:SmartEVO Compound
耐パンク:TechBELT Road
※新ETRTO規格に準拠
税込定価:¥11,100

P ZERO™ RACE 4Sの卓越したパフォーマンスを享受するためには空気圧の調整は必須です。PIRELLIでは体重別に適正空気圧を提示すると共に、ライディングスタイルに合わせた微調整を推奨しております。



MOUNTING&SIZING

【※ATTENTION】
新ETRTO規格に基づき19Cリムを基準に開発されたP ZERO™ RACE 4S。使用前にご利用のホイールリム幅をご確認のうえご使用ください。


※写真はサンプルを撮影したもので、スペックやカラーなど実際の製品と異なる場合があります。
※色調はモニター画面と実物では多少差異がございます。あらかじめご了承ください。
※表示価格は税込価格でシーズン途中で変更される場合もあります。最新情報は販売店でお確かめください。


▼中の人がタメになることも、ならないことも呟くTwitterアカウントのフォローは下記をクリック。

DESIGN & EDITOR:Hirofumi Fukuda