エアロダイナミクスと
ユーザビリティーの競演
次世代ハイドレーション



新しいハイドレーションシステムがリリース。
トライアスリート達から絶大な支持を獲得している、トライアスロン・タイムトライアル系パーツのリーディングカンパニーPROFILEDESIGNから、前方へ伸びるエクステンションバーの僅かなデッドスペースにすっぽり収まる、エアロで使いやすいハイドレーションシステム「HSF/AERO HC 800」と、アップグレードバージョンの「HSF/AERO HC 800+Premium」がリリース。


エアロダイナミクスと、ユーザビリティーの競演
使いやすい位置にGARMINコンピューターマウントが搭載された、新しいフロントハイドレーションシステムはタイラップを利用したシンプルな固定方法で、好みのポジションに容易にセッティング可能。通常のウォーターボトルも使用できる汎用性、互換性に優れる新しいブラケット形状、容易なドリンクの追加や清掃を可能とするリアピースデザインなどのユーザビリティを備えながら、ボトルシェイプは空気抵抗を低減し、エアロダイナミクスも使い勝手も妥協できない方にお勧めの新製品です。

アップグレードポイントはホースの固定方法と飲み口。アップグレードポイントはホースの固定方法と飲み口。
少しのコストアップで、使いやすさ大幅アップ。
基本的な構成は共通の2つのハイドレーションですがアップグレードされているポイントは水分供給ホース関連の2点です。まず大きく異なるポイントはホースの飲み口です。スムーズな水分補給という点では最も優秀な切りっぱなしのホースが採用されている通常バージョン。一方+Premiumは内容物の飛散を防ぐ逆流防止バルブが採用されています。このバルブは口に咥え、先端に圧力を加えると逆流防止弁が開き、楽に水分補給が可能です。
2点目はホースの固定方法。クリップに挟み固定する通常モデルに対し、+Premiumではマグネットリテンションが採用されており、磁力でピタッと簡単かつしっかりと固定することが可能です。



HSF/AERO HC 800(HSF/エアロ HC 800)
HSF/AERO HC 800+Premium(HSF/エアロ HC 800+プレミアム)
重量:387g(システム)、100g(ブラケットのみ)
ボトル:高密度ポリエチレン(BPAフリー)
容量:800ml
互換性:HSF/Aero HC800ボトルまたは標準のサイクリングウォーターボトル
コンピューターの互換性:GARMIN マウント(取り外し可)
ケージ/BTA構造:インジェクティッドナイロン/グラスファイバー
マウントオフセット:30mm
マウントドロップ:10mm
エクステンション幅:80mm-120mm(C-C)
カラー:マットブラック
税込定価:¥10,230-(HSF/AERO HC 800) / ¥11,880-(HSF/AERO HC 800+Premium)
AXIS GRIP BOTTLE CAGEAXIS GRIP BOTTLE CAGE HSF BTA GARMIN MOUNTHSF BTA GARMIN MOUNT

通常のウォーターボトルサイズのボトルケージとして利用可能なアイテムは各種単体でもお選びいただくことが可能です。フロントハイドレーションシステムとして利用可能なボトルを既にお持ちの場合は「HSF BTA ガーミンマウント付」をお求めください。「AXISグリップボトルケージ」は通常のボトルケージとしてご利用いただける他にトップチューブにダボ穴を備えるグラベルバイク等にも使用することが可能です。

HSF BTA ガーミンマウント付
構造:インジェクティッドナイロン/グラスファイバー
互換性:HSFボトル、または一般的なサイクリング用ウォーターボトル
コンピューターの互換性:Garmin マウント(取り外し可)
マウントのオフセット:30mm
マウントドロップ:10mm
エクステンション幅:80mm~120mm(C-C)
カラー:マットブラック
重量:100g
税込定価:¥3,630-

AXIS GRIP ボトルケージ(アクシス グリップ ボトルケージ)
構造:インジェクティッドナイロン/グラスファイバー
互換性:HSFボトルまたは標準のサイクリングウォーターボトル
コンピューターの互換性:Garmin マウント(取り外し可)
カラー:マットブラック
重量:50g
税込定価:¥3,080-
※写真はサンプルを撮影したもので、スペックやカラーなど実際の製品と異なる場合があります。
※色調はモニター画面と実物では多少差異がございます。あらかじめご了承ください。
※表示価格は税込価格でシーズン途中で変更される場合もあります。最新情報は販売店でお確かめください。


▼中の人がタメになることも、ならないことも呟くTwitterアカウントのフォローは下記をクリック。