E-MTBの快適性と
使いやすさを考え抜いた
「TERRA AIDON」



ADVENTURE AMPLIFIED
革命的な新しい走りを提案するTERRA AIDONは、フルサスペンション電動アシストマウンテンバイクのオフロード走行に特化して開発された初のサドルです。

Opening Up the Outdoors
北米や欧州を中心にE-BIKEは、ライダーや場所、地形に合わせた冒険の幅を拡大し続けています。E-BIKEが軽量化され、より長くハードなライドが可能になり、このスタイルに最適なパーツをアッセンブルする必要性が非常に高くなりました。E-BIKEの支持者はTERRA AIDON X1とX3を使うことでオフロードでさらにエネルギッシュに楽しむことが可能です。


STEADY PEDALLING
E-MTBライダーは、従来のオフロードアドベンチャーライドに比べてサドルに座っている時間が長く、トレイルのデコボコやわだちの影響を大きく受けます。さらに、座った状態で思い通りに自転車を操作するには、急な登り坂やタイトなカーブをも駆け上がり、これまで以上に長時間ライドするための安定したペダリングプラットフォームが必要となります。

TERRA AIDON X1TERRA AIDON X1 TERRA AIDON X3TERRA AIDON X3

Electrifying Engineering
新しいTERRA AIDONは、これらをすべて解決するためにデザインされ、ライダーは様々なシチュエーションのトレイル、あらゆる地形のタイプに対応できるようになっています。長時間のラフロードライドでの快適性を向上させるために、まず独自開発のタイプ2フォームを採用し、座骨周辺の厚みを強化したプログレッシブパッドを提供することで、より直立したライディング姿勢をサポートします。さらに圧力を軽減するために、深いセンターカットアウトが不快感を最小限に抑え、雨の日のライドでトレイルの不要な泥はねなどをブロックするマッドガードを装備しています。

ウェーブしたテールはアシストパワーに対応したデザイン。ウェーブしたテールはアシストパワーに対応したデザイン。 サドル後部に掴みやすいグリップが備わる。サドル後部に掴みやすいグリップが備わる。
重量が嵩みがちなE-MTBバイクを持ち上げる際しっかり握ることが出来る。重量が嵩みがちなE-MTBバイクを持ち上げる際しっかり握ることが出来る。
ショートノーズ、ゆるやかなプロファイル、ウェーブしたキックテールを特徴とするTERRA AIDONは、電動アシストの最初のキックから、お気に入りのローカルトレイルまで、ライダーがコントロールできるように設計されています。道が狭くなり、シートポストと一緒に勾配が落ちてきたときには、コンタードコーナーやウィングフレックスなどのfi'zi:kの革新的なテクノロジーが、TERRA AIDONを衝撃を感じさせない司令塔に変え、タイトでテクニカルなセクションでバイクをガイドします。

TERRA AIDON X1(テラ アイドン X1)
サドル長:255mm
幅:145mm、160mm
重量:205g(145mm)、215g(160mm)
75mm幅部分の高さ:51mm
ノーズ先端から75mm幅までの長さ:125mm(145mm幅)、120mm(160mm幅)
レール:10×7mm カーボンブレイテッド
シェル:カーボン強化ナイロンシェル
Wingflex:サイドエッジに屈曲性があり、ライダーの足の動きに適応
タイプ2フォーム:低圧縮のプログレッシブクッションフォーム
税抜定価:¥19,600

TERRA AIDON X3(テラ アイドン X3)
サドル長:255mm
幅:145mm、160mm
重量:245g(145mm)、259g(160mm)
75mm幅部分の高さ:51mm
ノーズ先端から75mm幅までの長さ:125mm(145mm幅)、120mm(160mm幅)
レール:7×7mm K:iumレール
シェル:カーボン強化ナイロンシェル
Wingflex:サイドエッジに屈曲性があり、ライダーの足の動きに適応
タイプ2フォーム:低圧縮のプログレッシブクッションフォーム
税抜定価:¥14,900
※写真はサンプルを撮影したもので、スペックやカラーなど実際の製品と異なる場合があります。
※色調はモニター画面と実物では多少差異がございます。あらかじめご了承ください。
※表示価格は税抜価格でシーズン途中で変更される場合もあります。最新情報は販売店でお確かめください。


▼中の人がタメになることも、ならないことも呟くTwitterアカウントのフォローは下記をクリック。