【フィジーク・スペシャルコンテンツ】
フィル・バートのチュートリアルシリーズ「サドル・サーフェイス」


私たちは、理学療法士でありバイクフィットの第一人者であるフィル・バートと協力して、自身に適切なサドルデザインを見つけるために、サドルデザインの違いをどのように理解する必要があるかを調べました。
最初のインストールでは、フィルはさまざまなサドルの表面を比較して、ライダーが自分の体型とライディングスタイルの両方に合うように、多くの情報に基づいたサドル選択ができるようにします。



サイクリストのタイプの分布と、彼らが追求するさまざまな分野を見ると、2人いるサイクリストがまったく同じではないことは明らかです。サイクリングは、結局のところ個々のスポーツであるため、パーソナライズされたパフォーマンスが重要になり、適切な機材を見つけることが重要になります。快適さに関して万能なアプローチはなく、ライダーとバイクの関係は、サドルよりも繊細にバランスが取れています。

幸いなことに、サドルのデザインは長年にわたって大幅に進化してきており、現代のマーケットではこれまで以上に多くの選択肢が提供されていますが、正しい選択をすることも困難になっています。利用可能なオプションとそれぞれの潜在的な利点をよりよく理解するために、最初に最も一般的な3つのサドルサーフェス形状である、ソリッド、カットアウト(穴あき)、およびチャネリング(溝付き)を詳しく見ていきます。



ソリッドサドル(SOLID SADDLE)

ソリッド・サドルソリッド・サドル
名前が示すように、ソリッドサドルでは、特定の幅や長さ、前後のプロファイルが、モデル間で異なる場合がありますが、サーフェス全体が途切れることなく滑らかでしっかりしています。ソリッドサドルは、より伝統的なフィット感を求めるライダー、より優れた接触に快適さを求めるライダー、およびより直立したライディング姿勢を採用するサイクリストに最適です。フィジーク・ファミリーの中でソリッド・サドルといえば、Arione R3やAntares R1が代表的なモデルです。

カットアウトサドル(穴あき)(CUT-OUT SADDLE)

カットアウト(穴あき)サドルカットアウト(穴あき)サドル
一部のサイクリスト、特に前乗りののエアロライディングポジションを好むサイクリストにとって、従来のソリッドサドルで長時間ライドすると、敏感な組織に不必要な圧力がかかるため、不快感やしびれが生じることがあります。カットアウトサドルを使用すると、サドルの中央部に穴があけられることにより、強度や座骨のサポートを犠牲にすることなく不快感から解放されます。フィジークのカットアウトモデルには、Tempo Argo R1やR3、Luceモデル、およびOpenシリーズが含まれます。

チャンネルサドル(溝付き)(CHANNELLED SADDLE)

チャンネル(溝付き)サドルチャンネル(溝付き)サドル
最新のサドルサーフェスデザインの進歩は、チャネリング(溝付き)サドルです。カットアウトサドルと同様に、チャネリングサドルは不快な圧力を回避することを目的としています。チャネリングされたサドルは、一部に穴をあけるのではなく、盛り上がったパッドを備えており、そのパッドがサドルの表面の中央に全長にわたるレリーフ(溝)の両側の座骨をサポートします。チャンネルサドルの利点は、ライダーがノーズからテールまでサドルのどこにでも座ることができ、しかも完璧な位置にあり、圧力がかからないことです。快適さと前後の動きの自由を求めるサイクリストにとって、Adaptiveシリーズと Arione R1 Versus Evoは、多くのチャネリングオプションの1つです。