《ショップスタッフインプレッション》なるしまフレンド神宮店 / PINARELLO DOGMA F12 DISK

「スタッフ全員が走るロードバイク専門店」の東京都・なるしまフレンド神宮店スタッフ 小西裕介さんによるDOGMA F12 DISKのインプレッションです。

 小西さんは、歴代DOGMAにも造詣が深く、試乗車やデモ車ではなく自らDOGMAを所有するショップスタッフさんのインプレッションとして、購入を検討されている方の参考にしていただければとインプレッションを寄せていただきました。

昨年までDOGMA F10を所有し、F12でディスクブレーキモデルを選択。リムブレーキモデルとディスクブレーキモデルの違いや進化の度合いなど、様々な角度からオーナー目線で語っていただいています。


DOGMA F12が発表されるまでは、DOGMA F10(リムブレーキ)に乗っていました。
正直、進化の余地は残されてるのかな?と思える程DOGMA F10は、自分にとってパーフェクトなバイクだったのですが、DOGMA F12が発表され、世の中、ディスクブレーキ化が進んでおり、僕もその流れに乗ってみようかなと考えて、DOGMA F12 DISKをオーダーしました。

DOGMA F12 DISK Team INEOSDOGMA F12 DISK Team INEOS
一般的に考えて、乗り物としての完成度が高いのはディスクブレーキ車でしょう。乗り物である以上、どのような状況でも安全に止まる事が一番です。
ですが、競技用機材として考えると、重量増しになる事によりヒルクライムで若干不利になるのかな。と思っていました。
実際にリム・ディスクと乗り比べてみると、初速ののりやすさ(踏み出しの軽さ)はリムブレーキ車の方が良く感じました。
なので、私がディスクブレーキ車を選んだ理由としては、「乗り物としての完成度の高さ」これに尽きると思います。
ちょい乗りではわからないのが自転車の面白い所でもあります。

まず最初に、DOGMA F12 DISKはケーブルの露出がほぼ無いことによる(これだけではないと思いますが)エアロ性能の高さに驚かされました。ほんとに風切り音がしない。これにはビックリしました‼
静かで滑るように走っていく印象です。ハンドリングも直進安定性が高く安定しているのに機敏に動ける。実はなかなか少ない特性です。
安定性を高めるとハンドルが重たく、もっさりとする。機敏に動かそうとすると安定感がなくなり、ちょっとの段差や横風等で必要以上にハンドルを取られる為、長時間走行すると、ストレスが溜まる。
「ピナレロハンドリング」とは良く言ったもので、他社ブランド製品とは一線を越していると思います。

剛性感も走り出して直ぐに、DOGMA F10よりも剛性がある事がわかりました。シッティングでわざとグリグリなペダリングで雑にパワーをかけてみても、前輪と後輪が同じ線上をまっすぐトレースしていることに気が付きました。BB周り、特にBBからチェーンステー部の捻じれが無くなったことが要因かと思いますが、たた剛性UPさせて捻じれを抑えると硬く、踏み込んだ際に脚へのダメージが一気に来るフレームになってしまいますが、DOGMA F12は脚へのアタリがソフトに感じます。
見た目のいかつさから、DOGMA F10よりも硬くて(高剛性)で乗りこなせないだろうな!と思われる方も多いかと思いますが、実際の所は逆だと思います。振動吸収性はかなり高く長距離を走った時の疲労感はDOGMA F10よりも少ない印象です。


今回、ディスクブレーキバージョンを購入したのですが、DOGMA F10(リム)と比べると重量増による影響も少し感じます。信号からのスタート時の加速感はDOGMA F10(リム)の方が軽く機敏に感じます。しかし、スピードがある程度でてからの巡航性能は、DOGMA F10と比べてもDOGMA F12の巡航性能は優れていると感じます。DOGMA F10のデビューイヤーで乗った時に感じたエアロ性能よりも、DOGMA F12には専用のTALON ULTRAハンドルなども用意され、総合的なエアロ性能は格段に進歩していると思いました。

登坂もダンシングした際の後輪へのパワー伝達性能が高く、リムブレーキ車のDOGMA F10よりも車重は重いのですが、今の所、重量増による走行への影響は感じません。むしろ、激坂と呼ばれる急勾配区間でダンシングした際に後輪がスリップしていない。つまりトラクションが得られ結果、速い。主にチェーンステーのスクエア化とボリュームを増した事による剛性アップがペダルを踏んだ時の力を余すことなく車輪へ伝えているのだと思います。

それでいて路面からの振動の突き上げがない。不思議だ。少なくても今までに感じたことの無いフィーリングです。

まだまだ、乗り込み距離が少ないのですが、最高に気に入った相棒となりそうです。
これからも走り込んで良さを伝えていけたらと思います。

なるしまフレンド神宮店・小西裕介