すべてのサイクリストへ
エントリーグレードショートノーズ
ARGO R5 リリース


人気のARGOに、最もお求めやすいR5グレードがラインナップ。人気のARGOに、最もお求めやすいR5グレードがラインナップ。
ショートノーズデザイン、人間工学に基づいたカットアウト、より優れた安定性と重量配分。
このコンセプトを全てのサイクリストが享受することができるサドルとして誕生した「ARGO(アルゴ)」。パワフルでスムーズなペダリングを追求する、レーサー向けのVENTO ARGO(ヴェント アルゴ)と、クッション性と安定性のバランス、エンデュランスライド向けのTEMPO ARGO(テンポ アルゴ)という異なるコンセプトを持つ二つのショートノーズサドルは、登場以来、非常に高い人気を博しています。そのARGOに、最もお求めやすい価格設定のエントリーグレードR5が登場いたします。エントリーグレードと言えど、他のモデルとの違いはレールのマテリアルと僅かなデザイン変更のみ。ARGO R5シリーズは最小限のダウングレードで、最大限のコストパフォーマンスを発揮します。
※SERIES(シリーズ)について詳しくはページ下部をご覧ください。

VENTO ARGO
ヴェント アルゴ
プロサイクリストのフィードバックを基にデザインされた、シリアスライダー向けのレーシングシリーズVENTO。パワフルでスムーズなペダリングを追求するレーサーがよりアグレッシブなエアロライディングポジションを得ることが可能なショートノーズデザインのサドルVENTO ARGOは、レーシングオプションとしてアグレッシブなジオメトリを持つロードバイクに最適なライディングフィールを提供できるように設計されています。

VENTOはショートノーズではスタンダードな、140・150mmの幅がラインナップ。VENTOはショートノーズではスタンダードな、140・150mmの幅がラインナップ。 プレッシャーマッピングデータを解析した結果、VENTOに分類されるサイクリストは、ノーズ周辺に比較的弱い圧力しかかかっていないことがわかりました。これは体重をペダルやハンドルなど、サドル以外のバイクと身体との接点に分配しているからです。この分析結果を踏まえ、アグレッシブなエアロポジションを取った際に、さらにパワフルかつ、スムーズなペダリングを行うことが可能なデザインが施されているショートノーズサドルがVENTO ARGOです。fi'zi:kが従来のレーシングサドルに採用している効率的な動力伝達とコントロール性、反応性に優れる「タイプ1フォーム」を引き続き採用。ノーズの形状は大きくラウンドしており、骨盤を大きく倒し込んだ際も邪魔にならずスムーズなペダリングをサポート。人間工学に基づいてデザインされた大きなカットアウトは軟部組織領域への圧迫を改善し、優れた快適性も兼ね備えています。幅は上位グレードと同様、ペダリングの動きに干渉しない140mmと150mmの2種類。レール素材をS-Alloyに変更する事で、コストパフォーマンスに優れる価格となりました。

強い前傾姿勢で骨盤を倒し込んだ際、大きくラウンドしたノーズが恥骨周辺部分を適度に支えスムーズなペダリングを可能にします。強い前傾姿勢で骨盤を倒し込んだ際、大きくラウンドしたノーズが恥骨周辺部分を適度に支えスムーズなペダリングを可能にします。
VENTO ARGO R5 S-Alloyレール(ヴェント アルゴ R5 Sアロイレール)
サドル長:265mm
幅:140mm、150mm
重量:225g(140mm)、232g(150mm)
75mm幅部分の高さ:45mm
ノーズ先端から75mm幅までの長さ:114mm
レール:7×7mm S-Alloyレール
シェル:カーボン強化ナイロンシェル
Wingflex:サイドエッジに屈曲性があり、ライダーの足の動きに適応
タイプ1フォーム:効率的な動力伝達を重視した弾力性の低プロファイルフォーム
税抜定価:¥11,600

TEMPO ARGO
テンポ アルゴ
自転車を楽しみ、最高のライディング体験を得る為にデザインされたオールラウンドなロードシリーズTEMPO。エンデュランスライディングオプションとして昨今のオールラウンドなロードバイクの、バランスのとれたジオメトリに適したライディングフィールを提供するよう設計されています。

TEMPOはやや後方に圧力がかかることを想定し、幅はワイドな150・160mm。TEMPOはやや後方に圧力がかかることを想定し、幅はワイドな150・160mm。 プレッシャーマッピングデータを解析した結果、TEMPOに分類されるサイクリスト群では、ショートノーズサドルであってもノーズ周辺ではなく、サドルの中心付近に比較的強い圧力がかかることがわかりました。これは骨盤の角度が直立に近く、座骨周辺で体を支えるようなライディングポジションをとることが多いということです。この分析結果を基に、サドルの中心から後方にかけてやや厚く(約2mm)、低圧縮で柔らかい「タイプ2フォーム」を新たに採用。レーシングサドルで採用しているタイプ1フォームに対して、クッショニング性に優れるプログレッシブフォームはロングライドでの圧倒的な快適性を提供します。ノーズの形状はフラットで安定性とクッショニングを重視した形状。人間工学に基づいてデザインされた大きなカットアウトと、サドル後方まで伸びる溝によって軟部組織領域への圧迫を改善し、驚異的な快適性を発揮します。幅も上位グレード同様、優れた安定性とクッショニングを実現するワイドな150mmと160mmの2種類。レール素材をS-Alloyに変更することでお求めやすい価格を実現し、まだショートノーズサドルを試されたことがないサイクリストに、最もオススメ出来るアイテムです。

やや後方に強くかかる圧力に対し、快適性に優れる新しいタイプ2フォームを採用。やや後方に強くかかる圧力に対し、快適性に優れる新しいタイプ2フォームを採用。
TEMPO ARGO R5 S-Alloyレール(テンポ アルゴ R5 Sアロイレール)
サドル長:260mm
幅:150mm、160mm
重量:241g(150mm)、247g(160mm)
75mm幅部分の高さ:45mm
ノーズ先端から75mm幅までの長さ:103mm
レール:7×7mm S-Alloyレール
シェル:カーボン強化ナイロンシェル
Wingflex:サイドエッジに屈曲性があり、ライダーの足の動きに適応
タイプ2フォーム:低圧縮のプログレッシブクッションフォーム
税抜定価:¥10,800


※テストサドルのご利用を希望される場合は、必ず各販売店が定める利用条件をご確認してください。

SERIES(シリーズ)
fi'zi:k製品に設けられた4つのSERIES(シリーズ)は、個性的な製品を通じてfi'zi:kが提供するサイクリングへのスタンスと体験を表しています。

昨シーズンよりfi'zi:kは、多くの製品ラインアップの中から、そのサイクリストの個性にマッチする製品を簡単に絞り込むことが出来る、4つのSERIES(シリーズ)を提案しています。「VENTO(ヴェント)」、「TEMPO(テンポ)」、「TERRA(テラ)」、「TRANSIRO(トランジーロ)」の4つのSERIES(シリーズ)はそれぞれ、製品を選ぼうとしているサイクリストの自転車への取り組み方や、楽しみ方に応じた製品を提案します。


VENTO(ヴェント)
プロサイクリストのフィードバックを基にデザインされたシリアスライダー向けのレーシングシリーズ。
集団から抜け出す鋭いアタック。背中を引っ張られているかのような激坂。すべてを出し尽くすゴールスプリント。あらゆるシチュエーションで最大限のパフォーマンスを発揮し、ライダーの力を極限まで引き出します。


TEMPO(テンポ)
自転車を楽しみ、最高のライディング体験を得る為にデザインされたオールラウンドなロードシリーズ。
気の置けない仲間とのロングライド。お気に入りのマイカーや輪行で遠出して絶景の中を駆る。未だ見ぬ頂を目指してピークハント。様々なシチュエーションに対応するオールラウンドな性能と優れた耐久性が自転車の楽しさを引き出します。


TERRA(テラ)
シクロクロスやグラベル、アドベンチャーライド用にデザインされたタフなシチュエーション向けのパフォーマンスシリーズ。泥や砂にまみれた悪路。行く手を阻む先鋭な石畳。草木が生い茂った獣道。タフでありながら快適性も兼ね備えており、あなたの境界線を超えていくようなデザインが様々なシーンでそのパフォーマンスを発揮します。

TRANSIRO(トランジーロ)
さまざまなディスタンスに対応する特別なデザインが施されたトライアスロンシリーズ。
第4のパートとよばれるトランジションを一秒でも速くこなし、バイクパートでもライバルたちに差をつけるスペシャリティーモデルがラインアップされています。


勿論サイクリストの好みによりSERIES(シリーズ)に捉われず、拘りのアイテムを使用していただけますが、あなたのスタイルにマッチしたアイテムを見つける一つの大きな指標になるでしょう。
※メビウスレールタイプのサドルにつきI.C.S非対応。
※ARGO TEMPOシリーズは、ARGO VENTOや他社ショートノーズサドルに対し後方に座るポジションを推奨しています。
※写真はサンプルを撮影したもので、スペックやカラーなど実際の製品と異なる場合があります。
※色調はモニター画面で見るのと実際では多少違って見えますのでご了承ください。
※表示価格は税抜き価格でシーズン途中で変更される場合もあります。最新情報は販売店でお確かめください。