スーパーグランフォンドバイク "DOGMA K" が
快適性と空力性能をアップ!新素材を採用しフルモデルチェンジ


New DOGMA K Think2 is the perfect combination
between comfort and uncompromised performance.

DOGMA K 960/ブラックレッドDOGMA K 960/ブラックレッド

 “DOGMA K” は、石畳の悪路で有名な北ヨーロッパのクラシックレースで勝つために設計されました。その優位性はチームスカイなどプロチームの活躍により証明されていま すが、その優れた走破性はプロレースの世界だけでなく、ブルベや山岳グランフォンドのような過酷なロングライドを好むア マチュアサイクリストにも賞賛されました。

 “DOGMA 65.1” と同等の横剛性を持ちながら、新しい「CenturyRide ™」ジオメトリーを採用しロングライドでも身体へ負担を掛けず体力を温存する優れた快適性と、BB 周辺とチェーンステイのアシンメトリック・デザインはライダーのペダリングトルクを余すことなくリアホイールに伝え推進力に変える剛性を持ち、高い直進安定性や軽量さも相まって登り下りを含めた長距離に対応するスーパーグランフォンドバイクといえます。

シートチューブもDOGMA 65.1同様にエアロダイナミクスに優れたエアロ形状にシートチューブもDOGMA 65.1同様にエアロダイナミクスに優れたエアロ形状に フレーム・フロントフォーク全体で空力特性の見直しが図られ、2014モデルで見られた波状のリブがなくなり表面がスムーズにフレーム・フロントフォーク全体で空力特性の見直しが図られ、2014モデルで見られた波状のリブがなくなり表面がスムーズに


 2015モデルのDOGMA Kはフルモデルチェンジされています。特筆すべき改良点は、マテリアルにまったく新しいカーボンコンポジットが採用されているという事です。

 カーボンのグレード自体は2014モデルと変わらず重要な箇所に65tグレード・超ハイモジュラスカーボンファイバーが使 われておりますが、コンポジットを構成するマトリクス樹脂に東レ独自のNanoalloy ™テクノロジーを応用し振動吸収性能を向上させた最新のマトリクスレジンが使われています。通常、マトリクス樹脂に混ぜ物をすると重量の増加や強度の低下を招きますが、東レではNanoalloy ™テクノロジーを応用する事により重量増、強度低下を招くことなく、振動吸収性能を向上させる制振素材をマトリクスレジンに混ぜ込む事に成功しました。
 この振動吸収性に優れたカーボンコンポジットは東レがDOGMA Kのために新しく開発した最新のカーボンコンポジットです。
DOGMA K 960/ブラックレッドDOGMA K 960/ブラックレッド
PINARELLO DOGMA K
マテリアル:Carbon 65HM1K Nanoalloy ™ Torayca®
フロントフォーク:ONDA ™ K Carbon 65HM 1K Nanoalloy ™ Torayca®
ボトムブラケット:スレッド・イタリアン
対応コンポ:THNIK2・電動/ メカニカル
UCIアプルーブド
カラー:960/ブラックレッド
サイズ:42SL, 45SL, 48.5SL, 51SL, 52SL, 53SL, 54SL, 55SL(C-C)

※DOGMA Kはすべてスローピングジオメトリーです。
※サイズ54SL 以上は受注発注
※フルカーボン専用シートポスト付属


税抜定価:\599,000-
(フレームセット・税抜き価格)
※写真は完成車見本です。販売はフレームセットになります。


※写真はサンプルを撮影したもので、スペックやカラーなど実際の製品と異なる場合があります。
※色調はモニター画面で見るのと実際では多少違って見えますのでご了承ください。
※表示価格は税抜き価格でシーズン途中で変更される場合もあります。最新情報は販売店でお確かめください。