[MOVISTAR TEAM] ブエルタ・ア・エスパーニャ2012第8ステージ / スパニッシュトリオによる頂上決戦 バルベルデがデッドヒートを制す!

ロドリゲス、バルベルデ、そしてコンタドールによる頂上ゴールバトル。隣国アンドラの1級山岳コリャーダ・デラ・ガリーニャにゴールするブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージで、スペインが生んだ3人のクライマーが火花を散らし、3名によるスプリントでバルベルデが先着し勝利した。

スプリントで先頭に立つアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター): photo:Cor Vosスプリントで先頭に立つアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター): photo:Cor Vos

1級山岳コリャーダ・デラ・ガリーニャ頂上ゴールを制したアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター): photo:Unipublic1級山岳コリャーダ・デラ・ガリーニャ頂上ゴールを制したアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター): photo:Unipublic
ステージ優勝・山岳賞・総合4位のアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)のコメント:
(ラ・ガリーニャの登りは大変だったのでは?)最後はとても険しかったし、ペースも高速だった。登り口では、ロバート・ヘーシンクなど苦しんでいた選手も多かった。それで、差を付けようとしたら、今回のブエルタの四強の選手が残ることになった。ここで勝てて素晴らしい結果を出せて、とても満足している。

(フルームとコンタドールは協調しなかったから負けたのでは?)そうは思わない。アルベルト(コンタドール)がフルームと協調しなかったのは、そうできなかったからだ。
ステージ優勝・山岳賞・総合4位のアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)ステージ優勝・山岳賞・総合4位のアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター) 僕たちの登坂が高速だったから。プリトが言うには、彼らでも最後まで行けなかったはずだ。ぼくも心配してなかった。あんなに速く登れる選手は、ぼくら以外にはいない。

(ツール・ド・フランスでのステージ優勝と比較すると?)どうやって比較すればいいかわからない。クリス・フルームやブラドレー・ウィギンズなどのツール・ド・フランスの優勝候補はたしかに強いけど、ここはブエルタだ。総合成績を争う選手も多い。今日は最強クラスの選手同士での一騎打ちだった。ツールの総合成績は(ブエルタより)かなり低かったし、ペイラギュード(今年の第17ステージ)は逃げて勝ったものだった。どっちの勝利も、うれしいよ。