[Team SKY] ツール・ド・フランス2012第2ステージ / 大会初の大集団スプリント グライペルを打倒したカヴェンディッシュが1勝目をマーク!

オールフラットなコースで争われたツール第2ステージは予想通り大集団スプリントへ。各チーム入り乱れる激しい展開の中、マーク・カヴェンディッシュがライバルを寄せ付けない力強さを見せ今ツール1勝目を挙げた。 / Team SKYマーク・カヴェンディッシュがライバルを寄せ付けない力強さを見せ今ツール1勝目を挙げた。 / Team SKY



スプリントを狙うため、総合を狙うエースの危険回避のため、各チームが集団前方に入り乱れる非常に激しい展開に。アルゴス・シマノのスプリントを担うマルセル・キッテル(ドイツ)は体調不良のため後方へと下がった。

人数を残したロット・ベリソルは、残り1.5kmからユルゲン・ルーランズ(ベルギー)、残り500mでグレゴリー・ヘンダーソン(ニュージーランド)が先頭を牽く必勝体勢から、満を持してアンドレ・グライペル(ドイツ)を発射。しかしその直後、背後に回り込んでいた世界チャンピオンが飛び出した。

ツール通算21勝目を記録したマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、チームスカイ): photo:Makoto.Ayanoツール通算21勝目を記録したマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、チームスカイ): photo:Makoto.Ayano 勢い良く加速を続けるカヴェンディッシュはゴール直前でグライペルをかわすと、追撃するゴスを振りきり先頭でゴールラインを駆け抜けた。

「ゴールまではとてもせわしない展開だった。スプリンター、総合勢、クライマーまでもが集団前方にいた。普段のレースならばチーム全体でスプリントに臨むけれど、ツールでは様子が違う。小さなチャンスを掴んだ結果だよ。凄くナイスな勝利だ」そう語るカヴはこれがツール通算21勝目となる。