変速調整不良による駆動系の異音
変速機の調整ズレにより発生する音がトレーナーの異音と判断されているケースがあります。
各社フリーボディの位置が同一ではない為、自転車に普段使用している後輪を付けた状態で変速調整が合っていても、ホームトレーナーに自転車を搭載すると変速調整が必要な場合があります。必ずトレーナーに設置した状態で、変速調整が合っているかどうかを確認して下さい。

DIRETOシリーズ、SUITOシリーズ、VOLANOの異音
DIRETOシリーズ、SUITOシリーズ、VOLANOから異音がする場合は、どのような異音であっても絶対にグリスなど塗布しないでください。
上記のホームトレーナーから異音が継続的にする場合は、直ちにご購入いただいた販売店にご相談ください。

DRIVOシリーズ、KURA、TURNOの異音
キュルキュルというような異音がする場合、ベルトの鳴きが考えられます。この場合ベルト部分にグリスを塗布することで改善いたします。
シリコン系のグリスを、ベルトのフライホイールに当たる面の数箇所に少量ずつ塗布して下さい。
※ギシギシ、ミシミシという感じの異音の場合は、レッグ取付けボルトなどのゆるみの可能性があります。
※シリコン系以外のグリスは故障の原因になりますので絶対に使用しないでください。
※分解、組み立てが必要なメンテナンスはご購入の販売店でご相談ください。